一戸建ての住宅を購入することと、賃貸物件に住むこととどちらがお得になるのか気になる人も多いと思います。どちらが得になるのかと考えると、その人によって状況が異なってきます。賃貸と購入のどちらがお得になるのか、メリット別に考えるとわかりやすくなります。手持ちの資金が十分な金額があったり、親から贈与の資金があるために住宅ローンの借り入れ金額が少ないときには、ローンの金利分の支払いを小さくできますので一戸建て物件を購入したほうが得になります。

住宅ローンを返済した後においても住み続ける計画であったり、住宅ローンを借り入れた場合であっても20年ほどの期間で返済できる見込みのある人、数十年後に土地の価格が上昇すると考えられる場合、または将来の家賃相場が現時点よりも上がっていると考えられる場合はお得になります。一戸建て住宅を購入するメリットとしては、老後の生活においても住宅の不安を軽減させることができます。賃貸物件と比較したときには、一般的には建物のグレードが良いものが多いです。賃貸物件と比べると一戸建て住宅のほうが選択肢が多くて、他人に貸すことによって賃貸収入を得られる場合もあります。

将来的に子どもに引き続いて財産として残すことが可能ですし、社会的な信頼性を高めることもできます。場合によっては、自分の好みに合わせて内装を変えたり、リフォームすることもできます。一戸建て物件のメリットにはこれらのような様々なものがありますが、最も大きなメリットは老後の住宅を保持できる点と言えるでしょう。住宅ローンを完済した後であれば、各種の税金や管理費、修繕費などの負担だけで住み続けることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です