神奈川県は横浜市を中心に多くの企業が進出しているため、その通勤圏である川崎、鎌倉などには多くの住宅が建築されています。もちろん東京都心からのアクセスも充実しており、都心との比較では、土地や建物も安価になりますから、住宅地として人気が高いのです。こういった環境にある神奈川県で注目を集めているのがエコカラットです。エコカラットは内壁用建材として有名ですが、その製造にあたっては、天然の粘土鉱物アロフェンなど、微細な孔をもつ原料を高温焼成して製造されており、微細な孔が室内の湿度を調整してくれるところが大きな特徴です。

つまり、室内の湿度が上がってくれば、湿気を吸収し、湿度が低くなると湿気を放出しますから、室内の湿度が常に一定に保たれますから、肌やのどが弱い人にも嬉しい壁材であると言えます。また、「ホルムアルデヒド」「トルエン」といった、人間の身体に悪影響を及ぼす揮発性有機化合物をエコカラット自体が吸収することで、室内の濃度を低減させる効果がある上、原料は土ですから環境にも非常に優しいのが特徴です。神奈川県においては、エコカラットを内壁に使用する施工業者が増えており、注文住宅などの場合、施工主から指定されることも決して珍しいことではありません。そのほかには、ホームセンターでも販売されていますから、自宅の内壁を交換する人も少なくありません。

住環境は、人生を快適に過ごすためには重要な空間ですから、エコカラットは今後さらに需要が増えることが想定されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です